エクセル 集計 じ どうか xoblos。 エクセル集計関数を極める!データ集計(合計)、個数カウント、条件付き集計などまとめて紹介!

☮ 今回は使用していませんが、[統合元データとリンクする]にチェックを入れると、元データが変更された場合、統合先のデータも変更されます。

12

😄 効果的に分析するために 正しく集計できたとしても、グラフや表の使い方によって、データの読み間違えが発生する可能性があります。 集計機能を利用するためには 集計機能を実行する前に、次の3点について決めておきます。 データ全体の合計はオートSUM関数などで簡単に求めることができますが、ここで紹介する集計機能では、合計だけでなく「小計」も自動計算できる便利機能です。

8

🤞 結果に項目名は表示されません。 ピボットテーブルに使うデータの範囲を指定する この例ではA1~H12を選択します。

12

✆ AVERAGE関数• 列ごとに合計数を出せば、何人が選択肢を選んだか分かるのです。 採用する回答を明確にしておく 有効回答と無効回答の基準を定めておくことも大切です。

14

👌 クロス集計って何? 質問項目を掛けあわせて集計する手法をクロス集計と呼びます。 例えば、こちらのデータで、300個以上の売り上げがあったケースを調べる際に使用することができます。

👍 たとえば売上データを集計する場合、ピボットテーブルを使えば「月間の売り上げ」「担当ごとの売り上げ」「商品ごとの売り上げ」といった情報を瞬時に抽出できるのです。

19

😘 ピボットテーブルを使って集計 ここまで、いくつかのExcel関数を紹介してきましたが、複数の条件設定で集計する際には、「ピボットテーブル」の利用がオススメです。

13

👊 そういう時は、クロス集計と呼ばれる手法を用いて、業務データを解析してみましょう。

11

😋 まずデータと集計表を用意します。 大量のデータを集計したり、分析するのに便利なExcel。

13