ベ ボタ スチン ベシル 酸 塩。 ベポタスチンベシル酸塩錠10mg「タナベ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

☮ 概要 [ ] ベポタスチンは、・・皮膚疾患に伴う瘙痒(・皮膚炎、皮膚瘙痒症)に対し、その効能・効果が認められている。 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。 (高齢者への投与) 本剤は、主として腎臓から排泄されるが、一般に高齢者では生理機能が低下していることが多いため高い血中濃度が持続する恐れがあるので注意する。

6

☏ このため、第1世代に多い口の渇きや排尿障害などの副作用がほとんどみられません。 使用上の注意 禁忌 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 そして、ヒスタミンはある種の神経受容体(H1受容体)と結合し、その刺激によりさまざまなアレルギー症状が誘発されるのです。

14

😭いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。

17

😎 配合変化 この製品に関連する資材 患者さん向け資材. 鼻づまりは、別に鼻に鼻水が詰まっているわけではないのです、鼻の粘膜が炎症で腫れて鼻水の通り道が狭くなってつまったように感じるだけです。 そのため、のなかでも、臨床効果の大きさに対して、比較的眠気の発現頻度が少ない薬剤とされる。 また、点眼薬としての利用が検討されているところである。

13

🤙 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 過敏症: 頻度不明 発疹、腫脹、蕁麻疹。 服用が長期になるときは、念のため飲み始めの数カ月間は、定期的に肝機能検査を受けたほうがよいでしょう。

18

☣ ただし、対症療法薬ですので、アレルギーの原因そのものは治せません。

10