子犬 トイレ の しつけ。 最初のトイレトレーニング

❤️ 退職後は犬のしつけ・トレーニングのアドバイスをする傍ら、都内にある犬猫の保護シェルターで勤務。 快適にできない場所で永遠に「トイレはココよ」と教えることは効率が悪いです。

13

🤞 ステップ6までがしっかりと出来ていれば、例えオシッコが膀胱にたまっていなくても、数滴を絞り出すように排泄をするはずですので、「したくなるタイミング」を待つ必要はありません。 ところが、トイレの場所を教えようにも、犬には言葉が通じません。 叱ることで犬は 「うんちをしたら怒られた」と思い、飼い主さんから見えないカーテンの裏やテーブルの下などで排泄するようになってしまうことがあります。

3

🤩 きちんと、子犬が排泄できる環境を整えるだけでなく、排泄のタイミングを記録して知ることで、トイレの失敗を予防し、しつけをスムーズにおこなえるようにしましょう。 逆に、広すぎると生活の邪魔になってしまううえ、はみ出して排泄してしまいやすいですのでご注意ください。 服従姿勢が中断されその結果としてのごますりションもなくなります。

3

😜 また飼い主が粗相(そそう)の処理している姿を見せてもいけません。 7割側をトイレの場所とします。

8

🐲 トイレを失敗してしまった時は、何ごともなかったように、子犬とは目を合わさず静かに掃除してください。 食べる、飲む、最適な温度調整をするといった基本部分はもちろんのこと、探索する、追いかける、遊ぶ、触れ合うといった行動欲求をなるべく満足させるような生活習慣に切り替えてみましょう。

2

🐲 もっと急いで食べなくちゃ」と思わせてしまう可能性があります。

4

🤚 解決策はまず、恐怖の対象を排除することです。 まずは、起きた後に連れていってみるのがおすすめです。

16

😘 一緒に暮らす家族が困ってしまうような甘噛みには、子犬の気持ちを大切にしながら対処したいですね。 狭いスペースであれば自分から戻るようになってきたら 徐々に、出すスペースを広げていきましょう。 そうすると、過度な興奮がなくなります。

4