美智子 衣装。 美智子さま「贅沢三昧」を指摘され、雅子さまを逆恨み 紀子さま「告げ口」で泥沼化 “自愛”深き平成に関係者も感動

🤲 紀子様もとっかえひっかえ。

♻ また、一連の「雅子様いじめ」の暴露について、「誰から頼まれているのか?」と陰謀論を指摘し、美智子さまを擁護する声もありました。 数回しかお召しにならなかったミンクのコートは数百万円もするものであったり、 何気ないマフラーすら何百万円もするビクーニャと呼ばれる超高級毛織だったりすもする。 シワ入りドレスをお召しになっている雅子さまの様子が日本で報道された際のことを、元宮内庁職員は以下のようにつづっています。

😂 何かの和歌の一部分だよ!元ネタはこれだよ!など何かご存知でしたらコメントを頂けると幸いです。 全て内廷費から出ているのでしょうかね? 要約 手紙の差出人は、美智子の処理をした見返りに、支払い料金の増額を求めてマールスの父を脅している。 しかし、結婚を猛反対するマールスの父によって殺害されてしまう。

10

👎 こういう上皇、秋篠宮家にまつわる醜聞を今まで知らなかった、あるいは私のように関心がなかった人たちが最近になってやっと事実を知り始めたのは、なんといってもネットのおかげ。

🤗 昭和天皇に長らく仕えた小林忍元侍従(1923-2006)は、平成時代の衣装代について「 数十億円の費用をかけることもなくて終る」と批判的に書き残している(『昭和天皇 最期の侍従日記』文藝春秋、平成元年11月12日)。 「3月の引越しに向け荷物の梱包が急ピッチで続いています。 また、アイロンがけしていない衣装を着せられたのは 「オランダ国王の即位式」だったという情報があったので、その時の画像も調査しました。

🍀 最後のお若いころのお写真、「お月様」と言われていたと母は言います。 小室某家のスキャンダルが出てきて、裁可取り消しができるこの期に及んでも、まだ動かないというのは、策謀があるからでは。

5

⚔ 男女の問題や家族の問題は、いつの世もにも好機の目にさらされる。

13