ゴルフ アイアン 打ち 方。 アイアンの正しいスイング、ダウンブローを身に付ける方法

🐾 狙った位置にボールを落とす!ダウンブロー4つのポイント ダウンブローとは、スイングが最下点に達する前の、クラブヘッドがまだ下降を続けている途中でボールを捕らえることを言います。 7番アイアンで狙った際に覚えたスイングで打てば、ピッチングウェッジでも合った距離を打てるようになります。

1

😘 つま先の頂点に対して、ボールが真ん中にくることを目安にしましょう。

15

💓 アイアンとドライバーでは「ボールを置く位置」が違います。 すると打ち出し角度が低くなってしまう場合もあります。

4

🤣 ロングアイアンは、真ん中よりやや左足側でも大丈夫です。 突き詰めていくと各パートで気をつけないといけないポイントが多々あるのですが、ここでは初心者の方が特に苦労する「腕とクラブの同調」と「正しい体重移動」の2点に絞って解説いたします。 必要以上にグリップを前に出したハンドファーストの構えにしないこと。

👉 すくい打ちはダウンブローで解消できます。 文字にしてしまうと、なんだかややこしい事になっていますね。

🌏 なので、飛距離や方向性など、安定したゴルフの打ち方を習得するためには、まず7番アイアンをしっかりと身につけることが大切になります。 このようにセットすると、ボールの位置は体のセンターからボール1個程度左足寄りになります。 そんなときは、深い重心のドライバーをチョイスしたり、ティーアップを少しだけ高めにしたり、ロフトの大きいドライバーを使うなど工夫してみましょう。

2

💢 また、クラブヘッドが上から入ることにより、打球にしっかりとバックスピンがかかるのもダウンブローのメリットのひとつです。 ワイドスタンスは肩幅より広めにスタンスを取ることで下半身が安定し、強くスイングしたいときに有効です。 まずはボールがない状態でもOKです。

11

😭 そして、手首の角度をキープし、ハンドファーストにインパクトをするのが極意です。 そしてこの時に、グリップエンドを左足付け根のまんなかに向け、左腕とシャフトが一直線になるように構えましょう。

15

🤜 180ヤードを打ちたい時には、5番アイアンを持っていつものリラックスしたスイングをすれば良いのです。 そのため、スイング軌道の最下点は、通常ボールがある位置よりも前方になるというわけです。 ・重心位置が高く、打ち分けの時に技術が必要になる。