ケータイ 小説。 日本ケータイ小説大賞

⚒ 『電子書籍の衝撃』、2010年。 「」というでひとまとめに切るのではなく、作品ひとつひとつで見ていただきたいなと。

15

🤚 な作品だけに目が行きがちなケータイ小説だが、『』などパニック・ホラー系の作品もブームを引っ張った。 TSUTAYA賞 - 「」• 概要 [ ] ケータイ小説の急速な浸透やケータイ小説を書籍化したものが100万部を超えるベストセラーとなっているのを背景に設立されたケータイ小説を対象とした日本国内初の本格的な賞である。 の普及に押されたこととギャル文化自体の衰退により、ジャンルの集大成ともいうべき 『』がされ出した前後にブームは沈静化。

11

🤣 大賞 - 「」• いぬじゅん『いつか、眠りにつく日』14万部、小鳥居ほたる『記憶喪失の君と、君だけを忘れてしまった僕。 ユリ:• 書き手と読み手の距離が近く、10代から20代を中心とした若者、とりわけ女性たちに高い人気をほこっています。

1

😅 他の文学賞との二重応募は失格となる。 菜穂:(第1作のみ)• を参照。 これら出版社は、ケータイ小説を商業展開する際に都市部よりもの書店において強くキャンペーンを展開し、キャッチコピーに 「作者の」というものが多く付くようになる。

15

😈 新たに共催としてケータイ向けブログサイトを運営するが第2回より参加し第3回までとり行い、第5回はが、第7回ではの運営する10代女子向けのライフデザインプロジェクトのが共催に名を連ねている。 2013年7月24日閲覧。 (・)• …モバゲータウン時代より匿名での創作の空間と認識される。

☘ およびには作品を構築するはもちろんジャンル・レーベルそのものの成長と発展を支援していくという義務も生じるはずなのだが、同ジャンルの商業展開はどの出版社も明らかに狙いのな側面が大きく、展開の速さこそ称賛できようが結局はその発展に寄与するどころかむしろを加速させた部分が少なからず見られる。

3