国税 局 ホームページ。 質疑応答事例|国税庁

🤘 平成30年12月以前に格納されているメッセージの閲覧についても 電子証明書が必要となりますので、ご注意ください。

🚒 数年前であれば相当の知識が無ければ運用できなかったような機能ですが、今となってはちょっとした知識があればだれでも運用できる機能です。

13

👣 この減価償却の対象となるモノは車や機械などのように目に見えるモノだけでなく、ソフトウェアなどのように目に見えないモノでも対象となります。 1128• 国税庁の様式について 税金関連は、申請をすることが多いです。

🐲 個人納税者に係るe-Taxのメッセージボックスの閲覧については、セキュリティ対策の観点から、平成31年1月以降、原則としてマイナンバーカード等の電子証明書が必要になりました。 このため、個々の納税者の皆様が行う具体的な取引の課税関係は、その取引に係る事実関係等に応じて、この回答の内容と異なることがありますのでご注意ください。 Contents• もともと1回で経費にできない場合もありました ただ、今まででも1回で経費してしまうとマズイ場合もありました。

15

🤜 所得税・譲渡所得・相続税・贈与税などの大きい項目を選択すれば、選択した項目でよくある質問とその質問の解答をしています。 そのために多くの方が 「自社ウェブサイト(自社ホームページ)」を作りますよね。

2

✔ ただし、法令で別段の定めのあるもの及び別に通達するものについては、それによります。 また、電子証明書をお持ちでない方でも、メッセージボックス一覧を表示することは可能ですが、原則としてメッセージには鍵マークが付いており、閲覧することができません エラー情報がある場合には、エラー情報のみ閲覧が可能です。 国税庁のe-tax(ホームページ)について インターネットなどを利用して確定申告ができるe-Tax(国税電子申告・納税システム)は、国税庁のホームページからリンクされています。

18

😈 このような場合に1回で経費にできない場合には、繰延資産として効果の及ぶ期間(たとえば5年)にわたって経費にしていく必要があります。

⌛ 組織関係としては、国税庁は課税や徴収を行う組織となっており、その下に国税局があります。 そこで、平成31年1月以降、e-Taxの新たな機能として、税理士との委任関係を登録することで、納税者本人のメッセージボックスに格納される「申告のお知らせ」を納税者が委任する税理士のメッセージボックスに転送すること(以下「転送設定」といいます。 もし、30万円以上の作成費用をかけるようであれば、その経費処理の方法について少し考えた方がいいかもしれません。

4

☯ 2 医療費控除の対象となる医療費の要件• 4 税理士の方が、ご自身の利用者識別番号及び暗証番号で受付システムにログインし、「委任関係の承認」を行います。 また、青色申告をしている個人や会社であれば30万円未満であれば、中小企業者の特例で経費にしても大丈夫でしょうね。 簡易的です)でも良いのでしょうか。

2