クイズノック ファン 気持ち 悪い。 K FANCLAN

📲 伊沢)そうですね。 福良 始めた頃は方向性が定まらないし、何をやったら成功して何をやったら失敗するかわからないのでとりあえずいろんなことをやってて。

🐝 2016年にクイズを題材としたウェブメディア「QuizKnock」を立ち上げ、編集長を務める。

4

😋 だけど「東大王」は、そういう現実を頭に浮かばせない。

12

🐝 そんな感じ。 クイズノックのYouTube進出を提案し、自身も出演しつつユニークな企画や編集を手掛けるふくらPさん。

14

😗 ・カスタマーレビューのコメント 「Vtuberに台本持たせたらただの素人声優」 「平成最後に現れた正真正銘のクソアニメ」 「近年稀に見る最悪を見ました」 「VTuberの黒歴史」 「低品質」 「隙のないクソさ」 「これはひどいです・・・」 「どこをとってもつまらない」 「これは地上波で流せるレベルではない。 私もクイズノックのファンですが、コメント欄は絶対見ないです。

18

⌛ ガチ恋勢達はYouTubeの動画を「可愛い推し がクイズまでやってくれている!可愛い!」 という感覚で見ており、クイズは 推しの可愛い姿が見られるおまけ程度にしか 見ていません。 過去のインタビューでは、ここに至るまでに様々な紆余曲折があったことをお話されていますが、今クイズノックとしてどういった点に力を入れているのでしょうか? 伊沢 やっぱり、一番はエンタメとしての質を高めていくことですね。 民度の低下と同時に、初期の頃のファンの多くが垢消しなどをして界隈を離れてしまいました。

5

😛 まあ、ブロックしていてもクイズノックと調べた時に普通に出てきますからね… ファンならば見なければいい話なのかもしれませんが、最近では「クイズノック」とうったときに予測候補で「夢小説」と出てきます。 福良 「今回の企画はこういうところは良かったけど、こういうところは良くなかった」とか、「最終問題はもっとこうした方が面白かったかもね」っていう、良いところ悪いところを分析したり、演者として「今のところはもうちょっと早くツッコミできた」といった振り返りとかもありますね。 Twitter上の話ですが、クイズノックで喧嘩になっている人もいらっしゃったので、少し悲しくなってしまいました。

1

😀 楽しさのループにはまって、クイズファンになっていくわけです。 「自分たちの強みが何なのか」というのも含めて、エンタメの質を高めるため手探りで一つ一つやっていっています。

19

✍ ことわざや漢字の読み書きなど、一般教養が試されるクイズが出題されたが、慣用句の「氷山の一角」を問う問題に、浜辺は「氷山の殻」と回答。 不快になられた人もいらっしゃるかと思います。

14