夜 廻り 猫。 「嫁だから」寝る暇もなかった…今年は?夜廻り猫が描く年末年始「一人になろうかな…ここに家族はいない」(withnews)

😙 今月、東京・新宿で作品展とトークイベントが開かれます。

16

🐲 女性は、ちょうど小学校時代のママ友に声をかけられたところでした。

💢 家の中がとても明るくなりました。 【マンガ「夜廻り猫」】 猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。

4

😙 ガラスの向こうから大声や音を出されて「自分が入る側だったらつらすぎる」って友達に話していて、「考え過ぎだよ」って言われるぐらいでした(笑)。 「動物を人間扱いしない」「テーブルの上に乗るなんてもってのほか」といっていた父も、母も、何をするにもスバル中心になって。 「家族だってつき合わなきゃいけないわけじゃない 元気なら いいの」 そうつぶやいた女性は「さ 配達に行こ!あのね、歳を取ってもいい男っているのよ たまに減るのが難点だけど」とちゃめっけたっぷりに言います。

5

🙏 きょうも街を夜廻り中の猫の遠藤平蔵は、心で泣いている女性に気づきます。

10

⚓ ひとり親家庭の保護者が「子どもに食べさせるため、自分は1日1食」などと答えているニュースに心を痛めているといいます。 そう感じた出来事です」。 13歳の頃から入退院を繰り返している男性が、ぽつりと言います。