マイクラ 自動 サトウキビ。 オブザーバーの全自動サトウキビ収穫機で栽培して自動発車で回収

⚔ 奥行は自由に延長することが可能です。 かぼちゃと同様、交易品として大活躍してくれるアイテムになります。

15

😈 正面からみるとこんな感じです。 内向きに置いたピストンを囲むようにブロックを置きます。

⚑ ホッパー付きトロッコが消えてしまうことがたまにあるようなので、トロッコが見えるようにガラスブロックで囲っておくのがいいでしょう。 以前はBUD回路を利用して成長を検知して作成していましたが オブザーバーが実装されれたことにより わかりやすくコンパクトになりました! また、回収にホッパー付きトロッコを使いますが サトウキビが3段目まで成長した時のみ発車するので 機能的で静かです! トロッコをずっとグルグル動かし続ければ 奥行2マス分コンパクトにはできるのですが 音がうるさく、気分的に必要時以外は止まってほしかったので。 自動無限かぼちゃ製造機 自動かぼちゃ製造機概要 所要時間 40分 難しさ 入手アイテムの価値 おすすめ度 交易に使えるかぼちゃの自動製造機も、余裕がある方はぜひ作っておきましょう。

3

🙏 かまどの中には何でもいいので、 アイテムを1つ入れておいて下さい。 この発射装置を動かすための回路は後で説明します。 0ティックパルサー回路についてもっと詳しく知りたいという方は、 をご覧いただくとして、 とりあえずここでは 「0ティックパルサー回路=PC版でしか使えないテクニックなんだ」くらいに思っておいてください。

⚐ その後ろに木の感圧板を置いて、更に奥にレッドストーンリピーターを配置します。

👉 回収部分チェストを2個並べて置いてラージチェストにします。 なぜホッパー付きトロッコを使うかと言うと、サトウキビは砂(or土)に植える必要があるので、その砂の下にホッパーを置いても距離が離れすぎているためサトウキビを回収できないから。 ぜひ作っておいてください。

17

😈 そしてこのドロッパーの上に、 下向きのドロッパーを設置して、 アイテムがドロッパー同士を行き来できるようにします。

2