中国 武漢 市場。 コロナ“初確認”から1年…「武漢起源」を拒む中国 WHO調査は進まず|【西日本新聞ニュース】

🤙 この野味の本場が中国の広東省で、そこで食材として売られている動物からSARSウイルスが人に感染したとされています。 その問題の原因は、日本の物価と人件費の高さです。

10

👇 ただ科学的証拠はなく、中国責任論を否定したい政治的意図がうかがえる。 しかしその後、最初の症例は市場と無関係だったと態度を一変。 一方で「感染拡大当時、中国の全国各地で武漢人、湖北人を罵倒していたではないか」とし、海外からだけではなく国内でも武漢市や湖北省に対する蔑視や差別が行われていたことを忘れてはいけないと戒めるユーザーも見られた。

🐝 華南海鮮市場の動画とかも見ました。

20

🙂 武漢ウイルス研究所が新型コロナウイルスの流行に関与しているかについては、WHOが引き続き調査をするとしています。 Baidu百度 【中国製マスク】不衛生な工場で生産。

7

🤣 展示を見に来たという50代の男性は「感動しました。 最近では国外からの流入を示唆する報道も相次いでおり「武漢起源説」をなんとしても否定したい中国側の思惑が透ける。

2

😄 さらには、17年2月に科学雑誌のNatureに、この研究所の紹介記事が掲載されており、今後SARSウイルスの研究が行われる予定であると述べられています。 新型肺炎の患者が多く報告された中国・武漢市の海鮮市場【AFP時事】 2019年12月に中国で発生した新型コロナウイルスの流行は、瞬く間に世界中に拡大しました。 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• その種類は数えきれないほど多く、犬や野生の狼、ジャコウネコ、ニホンジカ、キツネ、さらにコアラまで売られていた。

18

😄 インターネットでは上記のような情報が飛び交っているため、誰でも高品質な日本製品が中国市場で人気であるという認識を持ちます。

14