油 を 売る。 ご存じですか?「油を売る」の語源

🤙 なのになんで、サボるって意味になるのか。 「油を売るってどういうこと?」と疑問に思われている方も多いことでしょう。

😀 ですから、漢字で「蹴りをつける」と書くのは誤りなのです。

19

😉 なお、行商人が売っていた油については、髪用の油ではなく行灯の油であったという説もあります。

✍ しかし、当時の油は粘り気が強く、お客さんの器に移すまでにはかなりの時間が掛かりました。 この髪油が入った桶を担いだ行商人が、江戸の町を歩き回り、婦人たちに髪油を売っていました。

12

🐝 「shoot」は撃つを意味する動詞、「breeze」はそよ風を意味する名詞で、直訳すると「油を売る」とは全く関係のない意味となります。

✆ まとめ 「油を売る」は、「仕事の途中で怠ける」「無駄話をして時間をつぶす」の意味を持ち、悪いニュアンスで使われる言葉です。

8

🌭 二つ目の「道草を食う」を使った分かりやすい例としては、「今日は息子の誕生日なので道草を食わないで帰ってきてね」「彼女が道草を食わずに帰ってくるなんて珍しい」「学校帰りに道草を食うが当たり前になってきた」「道草を食わないで家に帰りなさい」などがあります。 しかし、油をそそぎ入れたにもかかわらず、銭はまったく油でぬれることがなかったんです。 怒った弓の名人に、おじいさんがこんな行動をとったんです。

2