ご時世 ご 時勢。 「ご時世」と「ご時勢」の違いとは?分かりやすく解釈

⌛ 「ご時世」と 「ご時勢」の違いを、分かりやすく解説します。

20

😩 こんなご時世だからこそ、心が明るくなるような音楽が必要だ。 ただ、詳しい意味はわからない、どのように使うか知らないという方もいると思います。 「ご時世」の使い方 「ご時世」は「このご時世」のような使い方で、その時代の世の中のことを表します。

😒 時勢は、「時勢に逆らう」「時勢に遅れる」「時勢に伴って」「時勢に合う」など、動きがある言葉と一緒に使われることが多くあります。 「時世」は古語では「ときよ」と読み、「年月。 … 椹野道流『鬼籍通覧1 暁天の星』 より引用• 「ご時世」は「世知辛いご時世」のように、「今の時代は良くない」という、マイナスの意味で使われることが多くなっています。

18

🌏 ご飯を食べるのも、義父がいる間は自分だけ部屋の中。

5

🤲 「ご時世」の類語や言い換え・似た言葉• しかし、不倫の恋人同士には、目の伏せられない壁がすぐに立ちはだかる。

18

❤ 彼女曰く「席表なんだけど、まだ正式に結納が済んでないから『知人』になってるよ」と言っていました。 今のご時世、高校生に携帯を持ちこむななんていっても無理だろう? 現にこうやって携帯は持ちこまれている。 ですが、文脈から「ご時世」の間違いであると思われるものが非常に多いです。

9

🤪 時世は「ときよ」とも読み、同じく世の中や時代の意味を持ちますが、接頭語の「ご」を付けて「ごときよ」と読むことは誤りです。 「世」は「この世」を意味します。 「時勢」との使い分け 「ご時世」と似た言葉に「時勢」があります。

18

✊ そこで今回は「ご時世」の意味や使い方、「ご時勢」との違いについて解説していきます。 ご時勢の類語 ご時勢の類語・類義語としては、その時代の社会一般の風潮や思想の傾向を意味する「時流」、その時の世の中やその時代の風潮を意味する「時世」(読み方:ときよ)、時勢の動きや時代の傾向を意味する「潮流」などがあります。 素直にそう思う。

7