ハプスブルク 家 の アゴ。 ハプスブルク=ロートリンゲン家

😈 ( - ):王妃。

18

⌛ でも、この家系は近親結婚で有名で、その結果、凋落することになったのです」 0年、家最後の国王、の死により、その栄華は終わりをつげた。

12

💙 表立って批難したり揶揄したりは、怖くてできなかったと思いますよ。 (おわり). そのブルボン家も血族結婚を古くから重ねており、ブルボン家とハプスブルク家の間で頻繁に婚姻が行われるようになると、双方で夭折したり、成人に達しても身体に障害を持った人物が続出した。

16

😔 ( - )• エルコレ3世はフランツ・シュテファンの四男を相続人に指名し、また娘と結婚させていた。 スペインのサンティアゴ・デ・コンポステラ大学()とガリシア州ゲノム医療公益財団()の研究者らは、ハプスブルク家の歴代の王の近親交配の程度を表す「近交係数」をコンピューターで計算した。 がから絶えず引き離されると成長が刺激されるからである。

15

😋 その他 [ ]• 全盛期にはハプスブルク家は権力と権威を奮い、結婚による領地拡大にも成功し繁栄しました。 古代の有力貴族である()の末裔を自称し、の血縁制度を利用したにより広大な領土を獲得、南ドイツを代表する大貴族に成長した。

11

😍 ( - ):スペイン王、ポルトガル王(フィリペ1世)。 この家系もまたハプスブルク=ロートリンゲン家の有力な分家の一つとなっており、妃、第一次世界大戦後に新たなの国王に一時擁立されたなどが出ている。 結婚政策 [ ] の言葉が示すとおり、ハプスブルク家は婚姻によって所領を増やしていった。

18