雇用 保険 料率 令 和 3 年度。 2021年度(令和3年度)の労災保険・雇用保険・健康保険・厚生年金・子ども・子育て拠出金の保険料率

🙃 詳しい内容はこちらからどうぞ。

6

🚀 50% 各都道府県の保険料率はこちらの協会けんぽのでご覧いただけます。

❤ 令和2年度の率は次のとおりです。 介護保険料率は、各年度において保険者が納付すべき介護納付金(日雇特例被保険者に係るものを除く。

4

💙 つまり、令和2年度の雇用保険率を据え置く模様です。 その上で、平成31年4月から、次世代育成支援のため、国民年金第1号被保険者(自営業の方など)に対して、が施行されることに伴い、平成31年度分より、平成16 年度価格水準で、保険料が月額100円引き上がります。

7

☏ 令和3年2月12日の官報に、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律の規定に基づき雇用保険率を変更する件(令和3年厚生労働省告示第40号)」が公布され、令和3年度の雇用保険率が決定したことはお伝えしました。

👋 同省の提案に対し、労政審が了承した。 一方、第4号厚生年金被保険者に係る保険料率は、法定の上限に達しておらず、段階的に引上げ途上です。 3%)• 78の範囲内で軽減した率 令和3年度の子ども・子育て拠出金 子ども・子育て拠出金は、児童手当などの子育て支援の財源として厚生年金の適用事業から、社会保険料と一体的に徴収されます。

9

🤘 令和3年度の雇用保険率は、前年度と同率とされました。

😭 45%)と定められています。

3

🌭 【確認】一般の事業については、雇用保険率1,000分の9のうち、失業等給付分が1,000分の2(労使折半)、育児休業給付分が1,000分の4(労使折半負担)、二事業分が1,000分の3(事業主負担)となります。 ひとまず、官報の該当箇所を紹介させていただきます。

10