溜飲 を 下げる。 ことわざ「溜飲が下がる」の意味と使い方:例文付き

👐 ここまで読んでいただきありがとうございました。 「溜飲」の意味とは? 「溜飲」の意味は「胃液があがってくること」 「溜飲(りゅういん)」とは「消化不良が原因で、胸やけがしたり胃液が喉まであがってきたりする症状」を意味します。

😅 溜飲(りゅういん)はそもそも「不消化のため飲食物が胃にたまって出てくるすっぱい液」という意味を持つ言葉です。

💅 自分から何か働きかけて、自分で心のわだかまりをなくすというニュアンスです。 水が溜まる たまる• ここまでお読みいただきありがとうございます。 そんなつらい気持ちを「溜飲」に例えたこの言葉は「なるほど!」と言えるくらい、とてもピッタリな表現だなぁと感じます。

13

🌏 「溜飲」を使った例文. 今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、 自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。 そうではなくて、もっと「お気楽な喜び気分」でも使用可でしょうか? 「いつも混んでいて入れない人気カフェが偶然空いていて、ゆっくり食事できて、溜飲が下がった」 「仕事がいっぱいあって大変だったけど、上司に褒められて溜飲が下がった」 といった、使い方もOKでしょうか? 私は、こういう表現はなんか、その裏に隠された複雑な感情があるのではないかと、感じてしまいます。

❤ c なら、富裕層がたまたま日本観光中に出遭った行儀の悪い同胞観光客を一喝して謝罪をさせる、など。

2

😂 (出典:デジタル大辞泉). 「溜飲を下げるの意味、ちょっとあやふやだな」という方はぜひ参考にしてください。 信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前・・・! それぞれ色々な問題を抱えていました。 今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。

10

🤑 試合に勝って溜飲を下げた。

7