ソープランド コロナ。 「生きるか死ぬか、戦争みたい」風俗で働くセックスワーカーたち。公的支援の「壁」は【新型コロナウイルス】

😄 ソープランドの店舗自体も閉じているからだ。 もともと近年は人通りが少なかった。

11

🙂 3月1日には、休校の影響で仕事を休まざるを得なくなった保護者の休業補償が発表されたが、当初、厚生労働省は風俗業や接待を伴う飲食業の関係者を補償対象とせず、「公金を投じるのに相応(ふさわ)しくない業種」と説明。

1

⚔ 粘膜接触が危険だと分かったら、お客は来なくなりますよ」と言う。 遊びに行く風俗店は「新型コロナウイルス対策済み」の店舗を選んだ方が良いことは間違いありません。 姉妹店も比較的似た年齢層のお店となっていますので、贔屓にしていた女性が居た方はそちらへ行ってみてもいいかもしれません。

9

🐲 現在、コロナウイルスの影響を受けている多くの産業と同様に、性風俗業界においても少なからずその影響を受けていると言えます。 「新型コロナ後に、吉原で働く女性がビルから飛び降り、自殺をはかったみたいです。

11

🤛 「私たちは身を張って、感染リスクもあるのに一生懸命働いています。

11

😈 業務 全従業員、キャストの体調管理の徹底 検温、マスクでの接客対応 男子従業員 キャストは完全個室待機、控室は4名ほど お客様の検温実施およびマスク着用のお願い(マスクの無い場合は提供) 提供する飲み物はペットボトル、瓶、缶のみ 各所、消毒スプレーの配備 スリッパの徹底消毒(使用したら必ず消毒) 共有部の徹底消毒 フロント 入口開放、徹底消毒 次亜塩素酸水入り加湿器の使用 フロントに飛沫感染防止パネルの設置および現金受け渡しにトレイの使用 待合室 入口開放、徹底消毒 次亜塩素酸水入り加湿器の使用 席の配置(距離を置く) 同じ時間帯のお客様は3人までとする 個室 換気の徹底(窓の開放) 消毒スプレー配備 うがい、手洗いの徹底 タオル、シーツの衛生管理 使用後の徹底消毒、換気 トイレ 徹底的な消毒清掃. これは業種などを問わずで、ソープランドでも営業自粛要請に応じて営業しなくなったりしたことで経営に行き詰まる店も出てきており、閉店という道を辿った店もあります。 在籍していた女性は、姉妹店である『ウェディングベル』に移籍したり、全く関係ない他の店に移ったり、業界から上がっていったりしています。 大阪市西区の松島新地で働くBさんは、営業が再開しても新型コロナの感染が怖く仕事場に行けていない。

💅 彼には現在、女性との交流が全くありません。 同業の女性たちも追いこまれているのではないかと話す。 学生時代は同級生がいましたが、卒業後はつきあいなし。

16

🎇 在籍していたキャストは、適宜姉妹店の『エピローグ学園』や『エピセレクション』に振り分けられており、11日頃から出勤する場所をそれぞれ変更されていました。

4