花 と 亡霊 歌詞。 ヨルシカ、「花に亡霊」MV公開。志田未来、花江夏樹からのコメントも到着

😃 眺めていると丘から雲が顔を出し、それを見つけた彼女は嬉しそうに手を空へと伸ばしました。 歌詞の 「僕は描いている」がそれに当てはまる。

5

♨ 男女2人組ですがどちらも顔出しをしておらず『ヨルシカ自身も一つの作品』という独自の考え方が各層に支持を得ています。 だから最後は繰り返されるように冒頭歌詞が綴られていく。

14

🤣 笹木美代(ささき・みよ)は、いつも明るく陽気な中学二年生の女の子。 『花に亡霊』から筆者が特に感じ取った点は以下の通りです。

16

👆 『花に亡霊』ヨルシカ 作詞・曲 n-buna もう忘れてしまったかな 夏の木陰に座ったまま を口に放り込んで風を待っていた もう忘れてしまったかな 世の中全部嘘だらけ 本当の価値を2人で探しに行こうと笑ったこと 忘れないように 色褪せないように 形に残るものが全てじゃないように 言葉をもっと教えて 夏が来るって教えて 僕は描いてる 眼に映ったのは夏の亡霊だ 風にスカートが揺れて 想い出なんて忘れて 浅い呼吸をする、汗を拭って夏めく もう忘れてしまったかな 夏の木陰に座った頃、 遠くの丘から顔出した雲があったじゃないか 君はそれを掴もうとして、馬鹿みたいに空を切った手で 僕は紙に雲一つを書いて、笑って握って見せて 忘れないように 色褪せないように 歴史に残るものが全てじゃないから 今だけ顔も失くして 言葉も全部忘れて 君は笑ってる 夏を待っている僕ら亡霊だ 心をもっと教えて 夏の匂いを教えて 浅い呼吸をする 忘れないように 色褪せないように 心に響くものが全てじゃないから 言葉をもっと教えて さよならだって教えて 今も見るんだよ 夏に咲いてる花に亡霊を 言葉じゃなくて時間を 時間じゃなくて心を 浅い呼吸をする、汗を拭って夏めく 夏の匂いがする もう忘れてしまったかな 夏の木陰に座ったまま、を口に放り込んで風を待っていた. ただ私自身が一番共感したのは太字でなぞった「あの夏を思い出して…」と言った部分でした。

1

⚔ 心、通わせて 今だけ顔も失くして 言葉も全部忘れて 君は笑ってる 夏を待っている僕ら亡霊だ 心をもっと教えて 夏の匂いを教えて 浅い呼吸をする この部分から彼女が遠くへ行ってしまった、あるいは亡くなってしまったことが濃厚になったと感じました。 しかし筆者は「花に亡霊」から教訓を得ました。 そもそも亡霊とは 亡霊の言葉の意味は 死んだ人の魂、死者の魂がよみがえってきたもの または比喩的に使われる過去の存在だったものがよみがえってきて恐れられているもの タイトルにもあるように亡霊がこの曲を表すキーワードになっています。

👊 『もう忘れてしまったかな』が誰に対してかが少し気になりますね。 言葉や時間そして心について黙想して、日々大切にしたいと思いました。

13