輪 転機。 輪転印刷機

😊 枚葉機の大きさは大体数メートルから10〜20メートル程度となり、輪転機に比べると設置場所をそこまで必要としません。 凸輪は人物の顔が暗く堅めに見えていますが、これは凸輪のほうがインクをしっかり盛るためで、オフ輪に比べ文字や白さがはっきりと見えているのがお分かりいただけると思います。

🤑 上の写真は凸版間欠輪転印刷機です。 ひとりですべての手配を担当するため、気軽に相談できることが重要なポイントでした。

11

😎 保守費用は、年間5万~10万円程度とお考えください。

🤜 熱風のコントロールの難しさ、紙に傷をつけずに高速で送る難しさを独自の技術とノウハウで解決し、印刷業務におけるソリューションへの解答を導き出しています。

13

🌭 コピー機・複合機に詳しくない方や、初めて導入される方、しっかりとしたサポートを受けたい方にも安心してご利用いただけます。

19

👊 他にも違いは多数あるが、大きく違うのは上記にまとめた内容じゃろう。 エンボス加工は、基本的に下に樹脂版を置き上から粘着材料(シールの原紙)を亜鉛版で挟み込むように凹凸の加工を施します。