フェニル エチル レゾルシノール。 ジェンズホワイト

💙 ハイドロキノンより刺激も少なく、トコフェロール(ビタミンE)と同等の抗酸化力があることから、非常にバランスの取れたアンチエイジング美白成分と言われています。 脅威的な美白作用にもかかわらず、皮膚への刺激は少なく、安全性がとても高いスーパー成分です。

7

✋ しかし!美白効果があると言っても、既にできたシミを改善するような効果ではなく、チロシナーゼの活性化を抑える効果がハイドロキノンの2100倍なんだそう。 リッチでなめらかな感触のエッセンスミルクがお肌にのせるとすうーっとなじんで保湿してくれて、すべすべの陶器肌に! 化粧水・美容液・乳液・クリーム・美容パックの役割を持った多機能型エッセンスミルクですから、朝夕のお肌のお手入れは、これ一つで完結。 完成品は直射日光を避ける必要がある(不透明な包装を使用)。

18

😘 実験で証明されたのはチロシナーゼ活性阻害という働きでした。 チロシナーゼ活性の抑制 美白試験 — 表皮モデル 臨床試験(照射されていない皮膚) 製品の特徴• お肌の色調を明るくしていきます。 もうクリームは必要ありません。

7

🖖 Journal of cosmetic dermatology 15 1 : 16—23. 同じく美白成分で一般にW377と呼ばれるフェニルエチルレゾルシノール Phenylethyl resorcinol)についても記す。 一般の美白成分に比べて、何十倍もの効果を持つと言われている成分、ハイドロキノン。

🤘 アルブチンの7,000倍• そして、これら全ての中でも、美白効果だけに注目するなら、肌の漂白剤とも呼ばれるハイドロキノンが一番だと思っていました。 以上から、フェニルエチルレゾルシノールについては、あくまでもシミ予防(メラニン生成抑制効果)に関する、理論上のナンバーワンだと考えておくのがよさそうです。

10

⚠ メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

16

☮ 7倍の美白効果(チロシナーゼ活性阻害効果)が確認されました。 そこでシミの原因となるメラニンの生成を引き起こすチロシナーゼ活性阻害効果がハイドロキノンの2,100倍も有する成分「WHITE377(フェニルエチルレゾルシノール)」の美白作用や特長をご紹介します。 その後『スーパーホワイト377VC クリーム 』を重ねてください。

18

⚛ 一番効果的なのはどの美白成分?• 美白化粧品を使うことで、紫外線が当たってもメラニン色素が作られにくくすることができます。

19

✆ メラニン生合成のキーポイントになるチロシナーゼ酵素の活性阻害率を測定する美白作用試験を実施。

1