柿 食 えば 鐘 が 鳴る なり 法隆寺 夏目 漱石。 夭逝の俳人「正岡子規」は、知る人ぞ知る無類の柿好き。

🤫 1857年に岐阜県居倉の小倉初衛が、 御所系統の柿を栽培して、 その原木が起源。 和名はカキノキ。

10

👣 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 〈正岡子規〉 下敷きがあった。 法隆寺・柿といえば…? 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 (正岡子規) 正岡子規の「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」。

3

🤩 そこの看板(銅板)に、こんな説明書きがあった。 愛媛県松山市に生まれ、同郷である「坊っちゃん」で有名な夏目漱石や「日本騎兵の父」と呼ばれた陸軍大将 秋山好古、日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を破った海軍中将 秋山真之兄弟とも親交があったとされており、司馬遼太郎氏の大作「坂の上の雲」にも描かれています。

11

🤘 ) という句があります。

12

✌ 月は木星と60度。 また、喀血する前までは子規自身も野球をやっており、ポジションはだったようである。

4

😒 甘柿の代表は冨有柿。 松山で、子規と漱石は多くの句を作って過ごしました。 生涯に 20万ともいわれる句を詠んだ子規の作品の中で、一番有名だともいわれる句 「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」。