ロシア 国歌 歌詞。 ソビエト連邦の国歌

🌏 約70年間の歴史の中で、ソ連の国歌はいくつか変遷を見せている。 。 『ソビエト連邦国歌』誕生 フランス発祥の『インターナショナル』に代わる独自の国歌を作り上げるべく、1943年には新たな国歌候補の公募が行われたが、納得が得られるような作品は集まらなかった。

8

💖 つまり、古い国歌に戻しはするが、歌詞を変え、ソ連や共産主義よりも、ロシアを讃えるようにすると。

16

🤗 「国歌で、その曲を使ったら反則だよ」と思うくらい素晴らしいメロディであるが、ソ連時代から現在にかけてのロシアの国歌について紹介してみたい。

11

☯ 1991年から2000年にかけては、ロシアの非公式な国歌として「愛国歌」が用いられた。 1980年のモスクワオリンピックでは西側諸国がボイコットし、1984年のロスアンゼルスオリンピックでは東側諸国がボイコットするという流れの中で、ソウルオリンピックは、久々に世界各国が集まる大会になるからであった。 後にロシア語や中国語など世界各国の言語に翻訳され、日本でも1922年に俳優・プロレタリア作家の佐々木孝丸によって日本語版の歌詞がつけられた。

20

♥ レーニン、トロツキー、スターリン、フルシチョフ、ブレジネフ、毛沢東、カストロ、いっぱい出てきますわ。

9

😅 A mighty will, great glory — Yours given for all time! テレビ報道によると、世論の大多数も賛成が圧倒的多数であるとのことです。 「ロシア人の祈り」という、最初の国歌にあたるものは、1816年に皇帝アレクサンドル1世によって選ばれた。 1945年、新しい国歌が作られた。

❤️ 公式には、国歌ではなかったが、労働者の国際的な運動を象徴するこの歌は、すべての公式行事や祝賀の席で歌われたのである。

12

😅 1984年、ソ連国営テレビの映像とされる) ボルシェヴィキ党歌(「インターナショナル」がソ連国歌だった時代のボルシェヴィキ党歌。