ドンジャラ ルール。 【ドンジャラのルールは簡単!】麻雀は難しい?それならドンジャラで遊ぼう!

😩 しかし、たとえば、一回だけコインを投げたとして、その時,表が出たならば、少なくとも、そのコインを投げ終えた時点では、結果的には、表の出た確率は100%となり、50%ではありません。

7

😉 この場合、普段の友人同士での力関係によってきめられるため、麻雀の実力とは関係なしに、決定権のより強い人が有利になってしまいます。 小人数でもできますし、家の中でも遊べるのでぜひ正月休みは家族で楽しんでもらいたいです。

7

✍ 他家の牌を鳴いている場合をクイタンという。

🔥 もちろん、これでも条件は皆同じですが、それから先のゲームでも8000点(または7700点)という同じルールで続けるならば、そのゲームの回数が無限大に近づけば近づくほど、条件は限りなく平等に近づいていくといえるのですが、たまに会って麻雀をやる程度なら、一番初めにたまたま自分の得点が高くなった人が有利になってしまうと言えます。 ピンクとブルーのプレイ盤にピンクの牌は、見た目から可愛いドンジャラになっています。

🤐 はじめにこのようにルールを決めたところで、人間、ひどいウソはつけないものです。

1

😙 ある人は、静かにタバコを揺らし、時々かたわらのビールを飲む。 逆に、 手牌をガチャガチャといじることがなくなり、捨て牌をもれなくすべて見ている人はテンパイしてい る可能性が非常に高いといえます。 話を戻しますが、「麻雀中はどんなウソをついてもよい」と、ルールを決めるのが、最もよい方法のような気がします。