ハニー レモン ソーダ 10 巻 ネタバレ。 ハニーレモンソーダ 36話~39話 10巻 ネタバレ注意

🤔 界「声小せぇよ もっと張れよ 怯えなくていいから」 1年前の羽花への対応と同じそぶりを見せる界に、クラスメイト達からは「石森係の次は岩川係」という声が飛ぶ。 「三浦くんのおかげで世界が広がった!」と嬉しそうに笑う奈乃に、羽花は応援したい気持ちは勿論あるが、自分がどうすれば良いのか分からなくなってしまう。

😍 (正確には石森ちゃんを見かけて三浦くんが入った) カフェでお茶をすることに。 その表情(かお)させるのが。

3

💔 勉強もして、バイトもして、一人暮らしで、夕飯も作っていて、なのに利き手を骨折して。

7

⚐ 「界お前ほんとに石森ちゃんでいいのかよ」「ずっとああだったらもう何も出来ねぇじゃん」 界「石森にそこまで求めてねぇよ」 羽花の様子を見たクラスの男子と界の会話を聞いてしまった羽花。 」 という羽花。

🤩 だってうちの三浦だよ?」 当人達そっちのけで話がヒートアップする中、「じゃあ勝負してみる?」と生徒会が乱入します 10月に開催される今年の八美津の文化祭ではバカッコイイを廃止し、ミス・ミスターコンを他校生の参加もありで開催すると宣言します わぁっと盛り上がりかけますが 「でねぇけどな」と一言呟き去っていく界 残念がる周囲に 「そんなところがいいところ」と笑顔の羽花 界の彼女にしては地味で雰囲気が浮いているという友達に、宙は 「いい意味でね」と羽花を見つめたまま答えます 美術部として文化祭のポスターや看板などの製作を頼まれた羽花 先生によると今年の文化祭は華宮高校のような盛り上がりを期待されているらしい 参考にと去年の看板を倉庫に取りに行くが、思いの外大きくてひとりで持てそうもない 先生を呼んでこようとドアノブに手をかけると、鍵もかけていないのになぜか開かなくなってしまった そんな様子をたまたま試合後に見ていた宙と、手伝いに来てくれたあゆみ達が助けに来てくれます なかなか開かないドアに「大丈夫だからね」と声をかけるあゆみ そんな友人たちを心配させまいと 「なんか、閉じ込められるの懐かしい…」と敢えて冗談を言い場を和ませる羽花だが、物陰に見えた手のひらサイズの蜘蛛に驚き飛び退く 中の異変に気付いた宙に 「本当に平気?」と尋ねられ何とか平静を装うも、蜘蛛の這う音に思わず小さな声を上げてしまう 「先生、オレ壊していい?すぐ助けたい」 ドアを壊し助け出した羽花に 「強がりだなぁ」と笑いかけると、 「強がりじゃなくて、強いから」と笑顔を返され、自分の気持ちを確信する宙 バイト先を聞きつけ、真っ先に界に会いに行きます 「オレ、羽花のことが好きだ」 必死に羽花と界への自分の気持ちを話す宙に口を挟むこともせず、ただ黙って話を聞く界 「…ごめん。

2

⚡ 何を持って逃げる?』などの定番な質問ながら盛り上がる車内 羽花の隣に座っていた子が、他にもやってみようと違うテストを出す 『すごく長いパスタがありました。

12

⚛ まだまだ知らない界のこと ちなみに、 今日は水曜。 あまり喋らない仁科ですが、さりげないしぐさや行動にうっすら莉子への感情が見えています。

9

🎇 なんだか恋人感が増したと褒める友人たちですが、でもまだ羽花が界を名前で呼べていないことを指摘します。

19