ユニクロ ジェイソン ポラン。 ユニクロUTがジェイソン・ポランの作品をあしらったコレクション発売、スウェットやキャップをラインナップ (2021年1月11日)

😄 この一行のメールにはジェイソンらしさが詰まっていました。 配布の条件は、「ジェイソン・ポラン 2021 コレクション」の2点以上の購入。

😂 H條:というわけで、来年以降に発売される2021年春夏展示会を速報してきたわけですが、「ユニクロ」が掲げる来春夏のテーマ「FIND YOUR HEALTHY」を最後に紹介しましょう。 ポラン氏が08年に始めた、ニューヨークの街角に立ち、1本のペンとノートパッドでニューヨークのすべての人を描くプロジェクト「Every Person in New York」。 ジェイソンの手はテープを貼ったり剥がしたりでヒリヒリになっており、僕の背中は塗り作業でクタクタに疲れていましたがなんとも言えない達成感がありました。

6

😋 また、サイトではポラン氏の作品を毎日1点紹介するという さらに、ポラン氏の命日1月27日に、著名なアーティストによるドローイングワークショップを、UTのインスタグラムアカウントにてライブ配信する。 今回は、ポラン氏が遺したアートワークの数々へ 愛と敬意を込めて贈る、スペシャルコレクションです。 また、スペシャル企画として1月8日から全国の店舗でリーフレットブックを数量限定で配布しているほか、オンラインストアでユニクロの商品を注文し、1月22日以降に出荷された購入分はポランのイラストを配したオリジナルボックスに梱包して配送する。

🤐 偶然見かけた有名人の事や、可愛らしい子供がホイットニー・ミュージアムでアートを眺めていた事、そして、ホイットニーに収蔵されているアートについてなどがありました。 ジェイソン・ポランも生前に実際に使っていたという実用ボールペンだ。

🤑 4XLまでの展開で他色にブラックも。 ただの気まぐれだったらまだしも、子供たちが情熱を注いでいる事であれば、あなたのサポートによって何かを成し遂げる力になるかもしれません。

1

😚 【関連記事】 ニューヨークの街角に立ち、人々を描いたドローイングとテキストを使ってデザインした。 ポラン氏の命日である1月27日には、UTのインスタグラムアカウントでドローイングワークショップのライブ配信を実施するほか、ノベルティーやオンライン限定オリジナルボックスなども企画した。 ジェイソン・ポランさんは今年の1月にお亡くなりになっております。

11

⚔ ポランは1982年アメリカ・ミシガン州生まれ。 それぞれ単品購入もできるけど、やっぱり上下で合わせてみたい。

13