寅 さん 名言。 仕事を頑張るあなたに贈る「寅さん」3つの名言

🤜 仁木の弾正、お芝居の上での憎まれ役。 タコはイボイボにわとりゃハタチ、イモむしゃ十九で嫁に行く、ときた、黒い黒いは、なに見てわかる、色が黒くてもらいてなけりゃ、山のカラスは後家ばかり、ね。 富士山が見えると思わず「おっ」と顔がほころんでしまうし、ちょっと得した気分になる。

9

🖐 私は何のために生きているんだろう? ちょっと考えてみたくなります。

10

🚒 三船敏郎さん演じる獣医師が、熟年の女性(淡路恵子さん)に寄せる恋心を後押しするひと言だ。

🍀 「いよ!労働者諸君!折からのドルショックにもめげず、今日も労働に従事してますか?ごくろうさん。

🤩 昔、京都は極楽寺坂の門前でかの有名な 小野小町が三日三晩飲まず食わずで野たれ死んだのが三十三。 。

😋 いま生きているということでも素晴らしいことですし、感謝すべきことです。 そりゃこっちが惚れてる分、向こうもこっちに惚れてくれりゃあ、 世の中に失恋なんてのはなくなっちゃうからな。 やってんだよ」 「ああ、わかった、それで自棄酒飲んでたの、なるほどね よう!自棄のやん八日焼けの茄子」 登「色が黒くて食いつきたいが」 「あたしゃ入歯で歯が立たないよ、ときやがった、へへへへ」 寅、さくらの頬をぴしゃり さくら「いて」 竜造、寅の頭をぽかり 「あいたー」 「よせ!」(博初台詞) 博、寅を羽交い絞め 「畜生、放せ、放せ、畜生、放せよ、登!登!」 博「暴力はよせ!」 「何!あれ?てめえ職工じゃねえか」 さくら「博さん」 竜造「俺が許すぜ、え、かまあねえから痛めつけてやってくれ」 竜造、寅の頭をぽかん 「あいたー」 「笑わせやがらあ、親父の拳骨(げんこ)はもっと痛かったい」 竜造「てめえが、うちをおんでたとき、親父がどんなに心配したか」 寅、博の手拭で顔を拭く。

7

🌭 一人でいる時間を楽しめなくっちゃ。

😭 しかし、「 おてんとうさまは、見ているぜ!」や「 元気を出せ もうすぐ青い鳥が 見つかるぞ」といった言葉を聞くと、元気が湧いてきます。

19