Haccp 義務 化。 HACCP認証の義務化で物流・運送業界に求められること

💖 まず初めに、改正食品衛生法に準ずる、HACCP制度に基づいた食品衛生管理に取り組む上で、満たしておかなければならない「一般的衛生管理プログラム」というものがございます。 従業員数など事業規模によって適応される基準が異なるため、手引書を見たり、保健所などで相談しながら導入を進めていきましょう。 また、HACCPシステムでは様々な が定められ、正しく実行されているかを監視し、うまくいっていない場合には改善をすることで、継続的に衛生管理を改善し維持していくことが可能となります。

⚠ 食品製造業・食品販売業・飲食店など食品の製造・加工・販売などを行うすべての食品等事業者の方は、2020年6月からスタートした「HACCP」の義務化について対応に追われていることと思います。

13

♥ 義務化されたHACCPの範囲 2018年6月に国会で食品衛生法が改訂され、食品等事業者に対してHACCPに沿った衛生管理が義務化(制度化)が決まりました。

8

🤚 また、HACCPに未対応の場合、営業許可の取得や更新に影響が出る可能性があります。 HACCPの適用基準と義務化 HACCPの適用基準は、取り扱う食品の種類や事業規模によって異なります。

13

🤪 7原則12手順の内容 12の手順のうち、前半5つが危害要因分析のための「準備」、後半7つがプラン作成の「原則」に分かれています。 ただし、完全制度化は2021年6月からで、2020年6月からの1年間は猶予期間となっています。 一方で、 グローバル化の進展によって日本の食や食品を取り巻く環境が変化し、国際基準に合わせた食の安全、衛生管理が求められています。

20

🖐 ただし、HACCPはあくまでも工程管理なので全ての事故を防げる訳ではなく、あわせて「一般衛生管理」の実施が必要です。

9