平泳ぎ の コツ。 【平泳ぎ泳ぎ方のコツ】手足の動かし方(タイミング)&息継ぎのポイント | スイスイ坊や

😙 手:伸ばす/足:キック 原因3-グライド姿勢が崩れている 平泳ぎで最もスピードが出るタイミングは、水抵抗が最も小さいキックの直後のグライド姿勢です。 平泳ぎでは、うまく推進力を利用するに、手と足が同時に伸びるように、次のようなタイミングで手と足を動かします。 膝はげんこつひとつ分くらい閉じていますが、足首は開いたほうがいいです。

🐾 平泳ぎのキックはどうあるべきか まず最初に、平泳ぎのキックについて考えていきましょう。 それが嬉しくて平泳ぎばかり練習してしまうという事も珍しくありません。

4

🤫 水面にボコッと水が出すぎてもいけませんし、水の流れが発生していなくても良くありません。 ほかにこれまで紹介したすイエんサー流「水泳のスゴ技」は、 プカプカ浮かぶ方法 すイエんサー流背泳ぎで25m泳ぐ方法 クロールの泳ぎ方 その1 ~体の浮かせ方と腕のかき方~ クロールの泳ぎ方 その2 ~息つぎ~. この時、目線は前方やや下、3m先を見るようにします。

😅 また、平泳ぎの息継ぎのタイミングは毎ストローク が良いのか、それとも2ストロークに1回なのかと考える方もいると思います。

5

☏ そのため自分が水をけりたい方向、つまりは後ろに足の裏を向ける必要があります。 平泳ぎの足と手のタイミングを合わせるポイントは、 アレコレ考えてしまっては体が動かなくなるので、シンプルに「両手を胸に持ってきたら、足をひきつける」と考えてみることです。 オリンピック選手の泳ぎとか見ていても、速く泳いでいるのに、動作がゆっくり見えます。

12

👣 アップの後に取り入れることで、その後のキック、プル、そしてメイン練習でドリルで意識したことを活かすことができますからね。 そして膝がある程度伸びきるまでは足首を曲げたままにしておきます。

18