木曽 の 最期 品詞 分解。 古典の敬語について教えてください!高1で「木曾の最期」今井四郎、木曾殿、た...

🌏 手塚別当落ちにけり。 1 【説】語句の意味。 そこで「詠み人知らず」の歌として採用することで、忠度との約束を果たす。

18

👊 2 助動詞を考える。 」と言って、大声を上げて馬で駆ける。 ・割つ(割り)て、破つ(破り)て=促音便。

2

🐲 2.宿題を点検する。 」と申し上げたところ、 木曾、「 さらば。

16

🌏 敵に押し隔て られ、 言ふかひなき人の 郎等 ろうどう に組み落とさ れ させ たまひて、 られ=受身の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形。

🤪 木曾 の軍勢 三百余騎は、 敵の 六千余騎の中を、縦に、横に、四方八方に、十文字に駆け破って、 敵の 後ろへつっと出ると、 味方は 五十騎ほどになってしまった。 今井四郎からの敬意。 太刀の先に貫き、高く差し上げ、大音声を挙げて、 「この日ごろ日本国に聞こえさせ給ひつる木曽殿をば、三浦の石田次郎為久が討ち奉つたるぞや。

4

🤑 続いて寄る安芸太郎を弓手の脇にとつて挟み、弟の次郎をば馬手の脇にかい挟み、ひと締め締めて、「いざうれ、さらばおのれら、死出の山の供せよ。 それ(重く感じること)は味方に軍勢がございませんので、 気後れがして、そのように(鎧が重いなどと)お思いになるのでございましょう。

👀 木曾殿、 「おのれは、疾う疾う(とうとう)、女なれば、いづちへも行け。

💔 ず=打消の助動詞「ず」の終止形、接続は未然形。 今井四郎からの敬意。 係り結び。

17