ボーイング 747 400。 Boeing: ボーイング・ジャパン

🤟 ZS-SAJ「Ndizani」シドニー五輪の南アフリカ共和国選手団輸送機に施された特別塗装で、人形の絵が胴体・垂直尾翼全体に描かれた独特な塗装であった。 これは、元アメリカン航空の747-100改造機に次ぐNASA2機目の機材であった。

🖕 このような中古機は老朽化が進み、耐空時間の面でも余裕が少ないという見方も強いことから、残された寿命もそれほど長くはないとも言われているが、タイのやなどの新興航空会社が、このような中古の747-200Bを積極的に導入しているほか、ヨーロッパ、米国などへのチャーター便を運航する航空会社も導入しているため、今後しばらくは運用が続くとする見方もある。 毎年夏期のみアムステルダム線に入ることは有名です。

6

🙃 ボーイング747型機は機体が大きいこともあって、のように損傷が軽微で修理が可能であっても、空港の早期再開の障害となるために解体される事例も発生している。 D型は短距離路線の多い日本国内専用モデルで、翼端のウイングレットを取り除いて幅を詰めている他、2階席の増席や各部の構造強化が施されてます。

11

🤛 初号機:• (英語). もRB211-524D4を選択したが、-400以降はCF6-80C2B1Fを選択した。 これによりは、当時最大のライバルだったの東京 - ニューヨーク直行路線(パンナムは-100SPを使用していた)へよりキャパシティの大きい-200B型を投入し、巻き返しを図ることに成功した。 B747-136, N605FF 1996年7月17日、ジョン・F・ケネディ国際空港からパリへ向けて出発した800便が、離陸上昇中に空中爆発して大西洋に墜落、乗員乗客230人全員が死亡した。

☯ ボーイング707型機がで横6席であったのに対し、747では横9席となり、後には短距離路線専用のSRが横10席を採用したことを機に、中長距離路線においても横10席が標準となった。 (-300をボーイング777とエアバスA340へ置換えた)• とはその後に-400以降のエンジンをCF6-80C2B1Fへ切り替えた。

11

😙 G-CIVC(塗装)• 両機の乗員乗客583人が死亡した。 (写真:成田空港/撮影:デューク) 日本貨物航空の747-400F。 保有機材(5機) B-18208,B-18210,B-18211,B-18212,B-18215 KLMオランダ航空 KLMオランダ航空 747-406M PH-BFW KLMオランダ航空では、現在15機の747-400を保有しています。

⌛ 愛称の「ジャンボジェット」は、後半にやで活躍した有名な・の名前に由来している。 (写真:香港空港/撮影:デューク) キャセイパシフィック航空の747-200F。

6

🎇 (-100. 韓国 [ ]• (以後で地上保管されているが、そのまま用途廃棄になる予定)• 747-400などに比べて「こぶ」の部分が短いのがわかる。 最終号機: 747-100シリーズ 総生産機数:205機 747-SP [ ]• 747SR-100B型 総生産機数:20機• 軽量な-200Bのボディにパワーの大きい-300のエンジンを組み合わせることにより、-SP型並みの性能を得ている。 現在はシアトルの航空博物館・西館にて展示・静態保存され、エンジンも取り外されている。