君 の 運命 の 人 は 僕 じゃ ない 題名。 Official髭男dism Pretender 歌詞

😇 少しは変わったこともあったかもしれない、しかしこれ以上、どうしても変わりたくないと、思ってしまっていた。 奇しくも本日はの日。

✊ 彼女を想っていた自分を思って。 さて、今日は髭男dismが先日MVを公開した新曲「Pretender」について、その歌詞の意味を徹底解釈していきたいと思います。 これだけの苦しい思いを抱えるなんて、僕にとって君はどのような存在なのか。

3

🐝 彼女も私のことが好きだった。

17

☏ この曲もめっちゃいいです そして、2019年5月17日に公開される 映画「コンフィデンスマンJP」の主題歌 がこの「Pretender」なのです!! この曲が映画館で聴けるなんて…どんな天国ですか…。 歌と深夜と企画の勢いで書きました。 君とのラブストーリー それは予想通り いざ始まれば一人芝居だ ずっとそばにいたって 結局ただの観客だ 感情のない アイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから グッバイ 君の運命の人は僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで痛いや いやでも 甘いや いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えはわからない わかりたくもないのさ たったひとつ 確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンと来なくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ もっと違う設定でもっと違う関係で 出会える 選べたらよかった 至って純な心で 叶った恋を抱きしめて 好きだとか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ グッバイ 繋いだ手の向こうに 引き伸ばす度に 疼き出す未来には 君はいない その事実にCry… そりゃ苦しいよな グッバイ 君の運命の人は僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えはわからない わかりたくもないのさ たったひとつ 確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 それもこれもロマンスのさだめなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 これはもう「髭男dism」というアーティストのこれまでが昇華された、一つの完成形でしょう。

12

😇 このnoteは私の表現というよりもこの曲に完全に乗っかって書いています。

🤛 とりあえずまだ聴いてない方は聴いてみてください。 この「ロマンス」が成立しなくても、目の前の君が「綺麗」であるということだけが事実なのが、なんとも悲しいです。

4

🚀 そのエンディングがヒゲダンの 「ノーダウト」でした。 MVの撮影地は台湾・だそうですが、ギラギラと光るネオンの世界観は映画を意識したものでしょう。

8