一時 支援 金 対象。 「緊急事態宣言に伴う外出自粛等の影響を受けた事業者への一時支援金事業(仮称)」について

😍 手続き面では、緊急事態宣言に伴う飲食店時短営業又は外出自粛等の影響を示す証 拠書類の保存や申請前に事業確認機関から事業確認を受けていただく必要がある点が主に異なります。 ・都道府県から時短営業の要請に伴う協力金を受給している飲食店は、一時支援金と重複受給できません。

2

📲 (1)認定経営革新等支援機関 ・中小企業等経営強化法に基づき認定を受けた税理士、中小企業診断士、行政書士など (2)認定経営革新等支援機関に準ずる機関 ・商工会・商工会議所・農業協同組合・漁業協同組合・預金取扱金融機関・中小企業団体中央会 (3)上記を除く機関又は資格を有する者 ・税理士・税理士法人・中小企業診断士・公認会計士・監査法人・行政書士・行政書士法人 経産省HPより一部引用 当事務所は、(3)になるため登録確認機関に登録予定ですが、現在お取引させていただいてる企業様を優先させていただきます。 ですが、調査のために提出を求められることがありますので、紙やデータで7年間保存しておきましょう。

16

🤙 1万件以上が「誤って申請した」として返金されたというので、困っている事業者へスピーディに給付金を支給するという形につけこむ人がかなりいたということの証明にもなっている。 少しでも早く給付できるように審査体制の確保やシステムの高度化に努めたいと考えておりますが、申請件数が多数に及ぶ場合や申請内容に不備がある場合、申請者において不備の修正や追加書類を提出していただけない場合等は審査にお時間をいただくことがございます。 」を給付いたします。

17

🤛 1.飲食店時短営業の影響を受ける業種 「緊急事態宣言に伴う飲食店時短営業又は外出自粛等の影響を受けていること」のうち、飲食店時短営業の影響を受ける業種について解説します。 外出に伴う宿泊サービスを提供する事業者• 執行体制等• 緊急事態宣言の再発令を受けて、飲食店以外の業種へも一時金が給付されることになりましたのでお知らせいたします。

7

👈 取引先から支払があった証拠となる通帳• 個別にお返事することは控えさせていただきますが、頂いた御質問のうち、よくある御質問につきましては、今後、よくある質問及び回答に反映する形で活用させていただきます。

🤟 例えば、2020年にも新型コロナウイルスの影響で売上が減っていたとすれば、そもそも売上が半減していないどころか、去年よりは売れているけれども、事業を続けていくにはしんどい・・・といったことだってあるだろう。 注2:給付要件を満たす事業者であれば、業種や所在地を問わず給付対象となり得ます。 飲食店と直接取引をしている事業者 飲食店と直接取り引きをしている事業者は以下の書類の保管が必要です。

9