七 本 指 の ピアニスト。 「7本指のピアニスト」西川悟平さんから学んだこと

🤪 15歳から数えて、それまで2万7千時間以上練習していたので、ピアノを弾くという未来が失われただけでなく、これまで努力してきた過去もすべて無駄になってしまった……。 筋肉に一音一音、覚えさせようとしました。

16

👉 かつてピアニストを目指していたことがある田村麻子さんは、悟平さんの状況に深く同情し、一緒に練習をしようと悟平さんを誘ってくれたのです。

16

⚓ 知人を介して訪れた幼稚園では、聞こえてくるピアノの音だけに純粋に反応して歌い、踊ってくれた園児の姿に「右手3本あったらメロディ弾けるし、左手2本あったらベースが弾ける」と、"5本しか動かない"から"5本も動く"と思えるように気持ちが変化したそう。

4

🤜 それを知って、15歳のときにようやくピアノのレッスンを受け始めたそうです。 彼は「7本指」のピアニストなのです。

😔 しかし、そのわずか2年後に西川さんを襲ったのは、演奏家にとって致命傷ともいえる病。 ここは何とかクリアできたものの、その跡の編入が大変だったそうです。 ひょんなことからチャンスを掴みプロピアニストになられます。

17

💔 「皆が5時間練習するなら、僕は人の倍、10時間練習する」。 だけど、いつも原点は忘れていません。

18

⌛ 世界でも西川さんしかできないスタイル。

3

☏ 「局所性ジストニア」を発症した芸能人など著名人は以外に多い! 西川悟平さんはサワコの朝の中で、練習のしすぎが影響したのではと話されていました。

14

💢 ブラスバンド部でチューバを吹いていた西川さんは、ある日、先輩の家でショパンの"ノクターン"の演奏を聴いて衝撃を受けたと言います。 試験の課題は、悟平さんが当時もっとも苦手としていたベートーベン。

19