配布 配付。 「配布」と「配付」

🐝 つまり、「広く行きわたらせることを目的として、あるものを配る」ことが、配布の意味となります。 したがって「配布」は、「広く行き渡るように物を配る」の意味となります。

14

📲 「配付」は一部の例外(交付税や譲与税配付金特別会計のような特別な場合)となっています。

2

⚛ これは「配布」になります。 このとき、データを中継する部門管理サーバや業務サーバを中継サーバといいます。 「地方分権制度が詳細に記載されたパンフレットを、不特定多数の人々へ配布しました。

☺ 相手を知っていようが知らない人だろうがお構いなくとにかく配りまくるのが配布。

11

✔ 「 配布」と「配付」の英語表現 「 配布」と「配付」の英語は「distribute」 「 配布」と「配付」の英語表現は、「distribute」を使います。 そのことを覚えておくとどちらの漢字を使用するかがわかります。

4

✔ 布の意味を踏まえると、布告や公布など一般に広く知らせる意味をもつ言葉に布が使われているのも納得ですよね。

3

✔ 「distribute」は、「配る」「 配布する」「分配する」など、「配る」ことに関して幅広く使うことができる言葉です。 この場合は「先生がプリントを配付する」という風に使います。 • 後ほど各人にIDとパスワードを配付しますが、取り扱いには十分注意してください。

6

⚔ 対する「配布」の特徴などについては、以下で見てみましょう。 公文書や公用文では「配布」に統一 ビジネスシーンや日常生活において「配布」と「配付」の言葉を使う場合には、先に解説したように「配る対象」によって使い分けを行います。

2

🖐 rieki ha , kabusiki no hoyuu suu ni ouji te haibun sa re masu. これと同じことが、「配分」という言葉との違いにも当てはまります。

2