春の 季語。 春 植物

🖕 よく見ると、どのしゃぼん玉も、その底に小さな太陽を宿しているのです。 利休忌・・・旧暦2月28日• また、季語は旧暦で書かれているものが 多いです。

🐾 文字通り、季節が春に入ることを表す言葉です。 花祭り・・・仏生会に行われるお祭り。

5

👆 俳句にとってこれはとても重要なことで、 そんなことはあり得ないがなんとなくそんな気がする。 そしてどれもが、猫が恋をしている様子を表しています。 遍路[お遍路]• 朧月 あし音に しる人も有 朧月 【作者】加賀千代女 かがのちよじょ 桜餅 大風の 障子閉しぬ 桜餅 【作者】芥川龍之介 あくたがわ りゅうのすけ 春暁 春暁を 覚めし己の ありどころ 【作者】中村汀女 なかむら ていじょ 【補足】春暁 しゅんぎょう とは、春の明け方頃のことをいいます。

18

☎ 「春の海 ひねもすのたり のたりかな」という俳句ですが、春の麗かな海で春の日をうけた白波がゆったりとうねり、浜に寄せては返している情景を歌っています。

15

😍 春の季節の光や日差しを表現して用いられる言葉です。

18

🐾 野菜・草木 菜の花・ほうれん草・水菜・春菊・蓬・わかめ・海苔・つくし・にんにく・わさびなど、春を代表する野菜などの食べ物も季語になっています。

🤔 「またうど」とは漢字で「全人」と書き、真面目なという意味になります。 春の野• 独特の香りが特徴的で、冬から春にかけてが旬の野菜です。

☕ まるで周辺が明るくなったような 「花明り」、空との境が見えなくなるような 「花朧(おぼろ)」、花を濡らす 「花の雨」。 人丸忌・・・の命日。

9

☮ ㉑『かげろふ(う)や ほろほろ落(おつ)る 岸の砂』 作者:服部土芳 季語:かげろふ 意味:春の日にかげろうがゆらめいて、岸の砂がほろほろこぼれ落ちていきますよ。

9