ローズ マリー の 赤ちゃん。 映画「ローズマリーの赤ちゃん」の「続ローズマリーの赤ちゃん」...

😒 解説 ポーランド出身の鬼才ロマン・ポランスキーがアイラ・レビンの同名小説を映画化したオカルトホラーの先駆的作品。

9

🤣 で、そのDIYの棚の向こうに-。 うーん…。

⚓ ・シドニー・ブラックマー(ローマン・カスタベット) ミニーの夫。 ちょうどカスタベット夫妻が外出していた時です。

11

🤐 を扱った映画の雰囲気が好きです。

4

😉 翌日、隣家の妻・ミニーが部屋を訪ねてきました。 そのアパートには、昔、悪魔崇拝者が住んでいたというウワサがあったが、2人は気にせずに暮らしていた。

16

⚒ そんなある日、ローズマリーたちは計画的に子どもを作ろうとする。 スタッフ• 死人が出た部屋だと気味が悪いからです。 隣のカスタベット婦人(ルース・ゴードン) メイクからして不気味です こういうサタン信仰? 現実と悪夢が入り乱れヒステリックに陥る妊婦をオカルト混じりに描いていると思いきや、映像に映る出来事が物語の全てでありラストは冗談かと、恐怖よりも笑えてしまう全体的なオチ。

2