タイトリスト u510。 めっちゃやさしいタイトリストU510

😍 特徴も継承されるとすれば、U500の方は高弾道で飛距離性能が高いモデル、U510は強弾道で操作性の高いモデルということになります。 25インチ短くなる)の両シャフトにも対応している。

13

☏ 先中調子だからと言って捕まるわけではなさそうです。 方向性は U500よりもさらに右で、私が試打している時もスライスが度々出る程でした。 そんな中で、この U500と U510は捕まりを抑えた仕様で発売されました。

7

⌛ 両モデルとも「T-MB」と似ているが、「U500」は選択の可能性が広がったというよりもより上級者向けで、従来のユーティリティアイアンに近いものとなっているように思う。 ヘッド形状から見る関係性としては、818H1、818H2と同じく、数字が小さい方がぷっくり、大きい方が横長です。

20

😇 先端剛性も高めなのか先が暴れることもなく安定したスイングができます。

5

👋 ・Titleist MCI Matte Black 70 S 軽いけど、ちょっと硬め。

15

👊 ダウンからインパクトにかけてヘッドがしっかり戻ってきているのがよくわかり、変に遅れることもなくしっかり振りきれます。 フジクラ「MCI Matte Black70」(上)と、グラファイトデザイン「ツアーAD T-60S HYBRID」(下) [U500試打] 安心感はないが操作はしやすい UTとしてはかなり小ぶりのヘッドは、苦手意識がある方にはちょっとプレッシャーを感じるサイズ。

9

💢 それでも形状としていびつなところはなく、スッと構えられるのはさすがタイトリスト! 打ってみると、U500よりさらに2段階ぐらい高い弾道が飛び出します。 シニアになってパワーが落ちてきましたが愛犬に付き合ってもらいながら体力作りも頑張っています。

16

👋 新製品の販売サイクルをチェックしているゴルファーなら、全英オープンの週は常にユーティリティアイアンの週であることはご存知だと思う。 飛距離はU500だけなら間違いなく満点の評価をしたと思います。

12