地震 の 備え。 地震・津波災害に備える

🤙 簡易コンロと燃料• そんな状態になってから必要な物をあれこれ詰め込むのはムリでしょう。 このような非常用持ち出しバッグ(避難袋)を用意しておけば、 被災した場合でも必要なものを持ってすぐに避難することができます。 救急セット• 内閣府防災アカウントは災害情報や防災、減災に関連する情報を見ることができます。

3

😛 さて、 2011年3月の世界中を震撼させた東日本大震災当時、 震災の中心となった宮城県・福島県などの金融機関 銀行や郵便局 は、 どんな感じだったのだろうか? 様々な映像で東北地方の壊滅的な状況を見てきた僕たちからすると、 被災地の銀行は長らく営業出来なかったのではないか?と想像する。

6

✊ 平成23年3月11日、東日本を襲った大地震。 (出典:消防庁「震災対策啓発資料 防災マニュアル」) (出典:首相官邸「防災の手引き」) 地震に備えて準備しておきたい備蓄・避難時に必要な物品は? 地震が起こってもすぐに対応できるように、きちんと備蓄や避難時に必要なものを準備しておくことが大切です。 消火器の使い方を確認する、自治体の防災マップを確認する、応急救護を身につけるなど勉強も必要です。

☯ 「感震ブレーカー」が、震度5強以上で電源を遮断• スーパーが開いても2時間並んで 『1人10点まで』などの制限付きだったり、あっても値段が高騰していました。 (19)乳児用品 乳児がいるご家庭では、赤ちゃんのミルクや紙おむつ、哺乳瓶なども用意しておきましょう。

12

🔥 まとめ 「震災に備えておきたいもの」についてご紹介してきましたが、いかがでしたか? 地震が起きたら、揺れと恐怖で頭は真っ白になってしまいます。 そのときに、「これがあったら良かったのに」と思ったことを書かせてもらいます。

6

⚡ 万一に備えて、早速防災対策を実施していきましょう。 部屋ごとの地震対策 家の中での地震対策は、「倒れてくると危ない家具を固定・移動する」ことが最も重要です。

11

🤘 (9)マスク、ゴーグル 災害時に家屋の倒壊が起こると、アスベストやグラスウール、粉状に砕けたコンクリート、ほこりなどが 大量に空気中に舞ってしまいます。 日用品 トイレットペーパー、ティッシュペーパー、生理用品、歯磨き粉、洗剤類、シャンプー、石鹸、ラップ( ラップは水が出ないときお皿に敷いて使います) なんでも通常より1つ多めにストックします。

10

🚒 私の家は2階建てで、受水槽がないタイプでしたので、彼の家に行き、あわてて浴槽やコップなどに水を貯めましたので、 彼(今の夫)は一切の料理をしないので鍋やお皿が家になかった… トイレの水や、飲む水には困りませんでした。

18