丸山 草刈 機。 自走草刈機:刈払機・自走草刈機|株式会社丸山製作所

❤ ハスクバーナ刈払機132Rのジャンク部品利用 外観は色が違う(丸山製作所=赤黒、ハスクバーナ=橙灰)だけで、形状は全く同じです。 もうしばらくレトロな丸山製作所製刈払機MB320位に活躍してもらえそうです。 30年位前、丸山製作所のMB320販売開始時期からすると、おそらく仕様を少し変え、ロゴと型番だけ違うOEMで、丸山製作所が委託生産をしていたのではないでしょうか?互換可能(個人的見解)な部品はその後、クラッチ、キャブレター(walbro)、燃料フィルター、リコイルと自分で交換修理やメンテナンスをしながら、長年草刈機を使い続けていました。

20

😗 「デュアルチョークキャブレタ」を新たに採用し、始動性と始動直後の加速性が改善され、より安定度が増しています。 ググっても検索にも型番すら出てこないほどの骨董品です(笑)この丸山製作所の刈払機を、これまで20年以上使用してきましたが、ある日突然、ついに始動できなくなってしまいました。 現在みなべ町と印南町に実店舗を2店運営しており、こちらでは農機具販売だけでなく修理やメンテナンス、肥料農薬、施設資材、加工出荷資材など、生産から加工・出荷に至るまでトータルに農家をサポートしています。

13

👌 丸山刈払機MB320の故障の原因と対策(部品の調達と修理) 前年に、プライマリポンプと燃料ホース、フィルターを交換して快調に動作していたのですが、急に動かなくなったので、一応チェックをしてみると、エンジンの圧縮は十分あり、キャブレターにガソリンも通っているので、この時点で怪しいのは点火系統かと思われます。 なぜなら、量販品は、設計上で部品の耐用稼働時間があり業務用とは一定の差があるはずです。 おそらく原因はこれでしょう。

14

🖐 通常のハンドルブラケットに比べ手に掛かる振動を低減する防振ブラケットと新型ダンパシャフトにより振動が伝わりにくい操作棹、そして何より特徴的なのは鮮やかな赤のパイプ! 通常のアルミパイプより約1. まあ、余分な苦労せず、新型を購入すりゃ済むことなのですが。

⚓ ダイヤフラム式のキャブレターは、エンジンの傾きに関係なく油面を一定に保つので、どの方向でも使用可能です。 この時点でイグニッションコイルの穴へコードを差し込むと径が僅かに細いような気もしますが、様子を見て耐熱充填剤でも考えることにしておきます。 しかし、その反面個々の部品が細かく、ダイヤフラムなど樹脂製の消耗品で構成されているため、掃除だけでは問題が改善されない場合もあるので、部品の劣化がないかをよく確認しておきます。

1

🤪 外被だけでなく全体が高温で焼きが入っていて、劣化してたのかなあと思いますが、いけると思っていたのでとても残念でした。 パワフルでありながら、低燃費で環境にもお財布にもやさしい一台。 本体からキャブレターを外してしまえば、構造は単純なので、慎重に作業すれば難しくはありません。

🤝 販売系列を考えれば、ネットで純正部品が入手可能なら量販品の交換部品需要も想定できます。 5倍の高い強度を誇るジェラルミンパイプを採用することにより軽量でありながら高耐久。

3