クラウド ストライク ホールディングス。 クラウドストライク・ホールディングス【CRWD】:時系列データ/株価

🤪 95億ドルが提示されました。 オペレーションによる損失:2019年度第1四半期の3,310万ドルに対し、営業からのGAAP損失は2,580万ドルでした。 株式投資しようと口座を開設するも、嫁に止められつづけノーポジです。

20

✌ 「 Falcon X(脅威インテリジェンス)」…サイバー攻撃を防ぐために、自慢の能力を使い脅威を検知し防御するための情報収集を行います。

🤘 63万口座でした。

4

⚓ EPSは予想1セントに対して8セント、売上高は予想1. ジースケーラーのサービスは、明らかに売れ行きが鈍り始めており、2020年度のガイダンスは落胆させられる内容でした。 com証券おすすめポイント】 2019年12月に 米国株の売買手数料を完全に無料化 したことで、取引コストに関しては一歩リード!ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、割り狙いで長期保有する人は注意が必要だ。 1%でした。

13

😎 マジックナンバー マジックナンバーは、直近の4四半期の次の計算を実行し、平均を取ることによって計算されます: 四半期のサブスクリプション収益と前四半期のサブスクリプション収益の差異を年当化し、前四半期の非GAAP販売およびマーケティング費用の増加数です。 アトラス売上高は+75%でした。

2

🤙。 顧客企業で起きたハッキング事例などの分析結果をクラウドで他の顧客にもシェアする独自のセキュリティシステムをつくっています。 株を買ったら報告します。

19