ミズノプロ 520。 ミズノ|ゴルフ|製品情報|【Mizuno Pro】|Mizuno Pro 520

🤑 何より、打点がズレても高さが簡単に出せるので、安定したショットを打ちやすいアイアンと言えるでしょう。 筆者 「そこッ!? ちょっと、新商品の話をしてくださいよ! のっけから若い子に食いつくオジサン臭出すのは、勘弁してください…」 P編 「ごめん、ごめん。 狙ったところに、狙った弾道で止めるために作られたのが『ミズノプロ520 アイアン』なのです。

🖐 バックフェースのチタン部ですが、「ミズノプロ518」のストレートに対して、ミズノプロ520」はトゥ側に山を持ってきています。 複合構造のアイアンが各メーカー当たり前になって、一体成型の軟鉄鍛造で深いポケットを作ってやさしさを追求するのはくらいになってしまったよね……」 筒 「言われてみると、確かにポケキャビって死語ですよね…。

17

✌ そして、「銅下メッキ」です。 20世紀末まで、「銅下メッキ」は当たり前の加工でしたが、軟らかく感じるという科学的根拠がないということで消えてしまいました。

12

🙃 スペックは、ロフト角32度、ライ角61.。

15

🤛 そんな感じで奥のネットに突き刺さっていました。 prevent-bg-text-style h3:not. オフセンターのロスがさらに軽減されている。

14

🖕 また、パワーで飛ばすことに夢中になっていたゴルファーが、スコアメイクを優先するゴルフにシフトチェンジしたいと考えたときにも『ミズノプロ520 アイアン』はオススメです。 なにやら ロングアイアン、ミドルアイアンが518よりもやさしくなったんだそうな。 でも、それは最小限です。

😘 carousel-content:nth-child 6 ,. carousel-content:nth-child 10 ,. ミズノといえば球が上がりにくい、難しいという印象がありますが、920は球の上がりやすさを感じるクラブです。

🔥 つかまりも程よい感じなので、それほど左を気にせずに打てるアイアンだと思います。 個人的には、ミドルアイアンより、ショートアイアンが良かったです。

14