バッタ の 大群 現在。 バッタ大量飛来 軍を動員して駆除 農作物被害拡大 パキスタン

🚀 『聖書』の「ヨハネの黙示録」第9章には、第5の御使い 天使 がラッパを吹くと、さそりの力を持ったイナゴが現れると書かれている。 また、食料の問題だけでなく、大量の殺虫剤を使う必要がありますので、この殺虫剤の人体への影響も心配されています。

1

⌚ 国連食糧農業機関 FAO は、サバクトビバッタが6月までに、500倍まで増えると推計した。

5

🤔 しかし、トウモロコシ生産の一大産地である雲南省や近隣の省・自治区での蝗害被害が激しくなれば、トウモロコシ生産も大きな打撃を受けることが予想され、中国が今後深刻な食糧不足に陥る事態も考えられる。 さらに一部は南スーダンやウガンダ、タンザニアにも侵入しています。 また、バッタの大群は1日に 最大70km以上も移動するので、そのスピードに駆除が追い付かないという。

3

😗 2018年の2つのサイクロンによってわずか9カ月の間にアラビア半島に生息するバッタは約8000倍に増加した。 政府の厳しい管理下にあるはずの中国メディア界で何が起きているのか。

19

😙 中国国家林草局は2月26日、サバクトビバッタの侵入を防御するよう緊急通知を発令している。

16

⚡ 大繁殖すると、エサを求めて1日100キロ以上も移動すると言われています。 その場所に食料がなくなったら、バッタは次の国へ行きます。 「インドまで来たんだから日本にも来るんじゃないの?」 と思うかも知れませんが、さすがのサバクトビバッタも、砂漠は越えられても寒いヒマラヤ山脈は越えられないそうで、とりあえず日本にやってくる危険はなさそうです。

❤️ 新型コロナウイルスの感染拡大に続いて、国境を接するパキスタンからのバッタ襲来を恐れていた中国人はバッタを食べてくれるアヒル軍に期待したのだが……。 そして2020年2月には、バッタの大群はアラビア半島南部のオマーンとイエメン、アフリカ大陸東部のソマリア、エリトリア、エチオピア、ケニアなどに広がりました。

8

🙄 現在ミナミアメリカバッタの発生が確認されている地域はパラグアイ、ウルグアイ、ブラジルの国境付近で、農作物への影響は限定的だったものの今後の天候次第で更なる発生、増加の可能性があります。 国連食糧農業機関(FAO)によると、群れの規模はケニアでは過去70年で最大を記録した。

19