さっちゃん 僕 は。 さっちゃん、僕は。 1

😄 一方、さっちゃんは・・・?後輩と出張で東京を訪れていました。

2

🖖 京はこんなチャラい自分にすぐに彼女の写真を見せてくれたことで、特別好きだと感じてないと思ったからと。 呼び込み 夜の通りで、 京介は早智からの手紙を見つめます。 終盤にきて、 どんどんと時間が経過していくこのお話、 今回一番驚いたのが、 最後の「京介38歳」です! 14年経っています!! 最終回が近いのは間違いなさそうですが、 どうやって終わりを迎えるのか、 予想のつかない時間の飛び方です。

13

🤑 心配してくれたことのお礼を言って、 京介は去りました。

⚑ が配信しており、27円で読むことができる。

10

⚐ 普段の要のイメージとはかけ離れた姿に紫乃は思わず言葉を失います。 京は慰謝料の支払いに定期的にこの家をまだ訪れていたのでした。 さらにその女性はすでに結婚して家庭も持っているという超禁断の恋愛です。

5

☮ 約束通り観覧車に乗り、東京の夜景を見下ろしロマンチックな雰囲気。 |第5話|「不穏な陽気」|感想 【さっちゃん、僕は。 手紙を読んだら彼女とは終わりだと 自覚しそうで 読むのが怖いと、 京介は打ち明けます。

20

💋 」を配信しており、全巻試し読みすることができます。 黒磯「すごい遠距離かー。