納税 証明 書 交付 請求 書。 納税証明書交付請求書を発行、余り待たずに早く受取る方法とは?

🙄 ・、健康保険、、又はの被保険者証• )は、ご本人(又は法人)の委任を受けた代理人の方(納税者のご家族の方も代理人となります。 納税証明書の請求日前おおむね2週間以内に納税された場合は領収証書の原本、ペイジー納付の場合は納付が確認できる書類(ATM:ご利用明細票、インターネットバンキング:取引明細書等) 領収証書等は、発行する納税証明書に同封して返却します。

🖐 ・連絡先(電話番号) 確認のため、交付請求者に連絡させていただく場合があります。 ・療育手帳• ・個人番号カード• ) 税務署窓口で納税証明書を受け取る場合、次のものを持参していただく必要があります。 法人の納税者の場合は法人実印又は法人実印を押印した交付請求書を持参できない場合を含みます。

👆 【郵送による請求】 1.納税証明書交付申請書(要綱様式第6号その1) ・様式は下の「ダウンロード」から取得できます。 【納税義務者(法人)の従業員の方が申請する場合】• 関連ページ• (5) ご本人(法人の場合は代表者)からの委任状 代理人の方(ご家族、代表者以外の役員、従業員の方を含む。 ) 納税証明書の交付手数料は、税目、課税客体、年度(事業年度)ごとに、 1枚につき400円の交付手数料がかかります。

13

🤔 窓口においでになる方の本人確認書類 運転免許証、健康保険証など 窓口に来られた方、納税者またはその代理人であることの本人確認をさせていただきます。 。 個人番号確認…納税者ご本人の個人番号確認をさせていただきます。

10

☢ 「納税証明書の交付請求(署名省略分)」を選択して、作成します。 1税目、1年度(事業年度)、1枚につき1件と数えます。 偽造やコピーされたものとして信頼性を欠くためですね。

10

😔 身元確認…納税者(または代理人)の方の身元確認をさせていただきます。

👣 【代理人(法人)の従業員の方が申請する場合】• (交付請求書及び委任状の記載例)• 交付請求書に番号を記載のうえ、確認書類を合わせてご提示いただきますよう、御協力をお願いいたします。

13