アーク 有機 ポリマー。 ARK: Survival Evolved 序盤で必要な各素材の集め方と製作物について

👎 ポリマー集めが得意な生物「ペラゴルニス」と同等の効率でポリマーを集められるのでおすすめ。 有機ポリマーも生成してくれますが、作り出す量は非常に少ないので、数が必要な場合はアフリカマイマイを多くテイムしましょう。 セメントは、「石」と「キチン・ケラチン」で作成するアイテムのため、恐竜で効率的に素材を集めればOKだ。

6

✇ 武器は棍棒がおすすめ クラフトで作成できる「棍棒」で殴ると、有機ポリマーの獲得量が増加する。

7

👐 アフリカマイマイの生息場所 アフリカマイマイの生息場所は熱帯の川に近辺に多くいます。

18

🙏 他にも、アクリロニトリルを原料に、電解ヒドロ二量化法により中間体のアジポニトリルを合成する方法もあるようです。 モノマーの代表例 エチレン ポリマーがポリエチレンに対して、モノマーはエチレンです。

7

🖖 また、設定で赤ちゃんの成長を早めておけば、餌をあげなくても大人になります。 減らしたら元の軽さに戻ります。 ポリマー集めの際は積極的に子供ペンギンを狙うと良い。

17

😄 子供ペンギンが多くドロップする 子供のカイルクペンギンからは、より多くの有機ポリマーが入手できる。 見つけても安全にテイムするには運と強いペットが必要になります。

🌏 前提まとめ• モノマーは、重合を行う際の基質のことで、単量体とも呼ばれます。

6

😁 ペンギンから集める 有機ポリマーはカイルクペンギンを倒すことで大量に入手することができます カイルクペンギンは雪原に生息するペンギンで倒した後の死体から 有機ポリマーのほかを入手することができます ペンギンを倒したら 木の棍棒で死体を殴ると多く有機ポリマーが入手できるので必ず棍棒で剥ぎ取りましょう また、 ペラゴルニスはさらに有機ポリマーを入手することができ、騎乗してペンギンを倒せば棍棒よりも遥かに入手量が増えるのでもっと効率よく集めたいときはしてみましょう ペンギンの群れを倒せば大量に有機ポリマーが手に入りますがそのままだとやがて腐って消滅してしまいます そのためカタツムリを使って有機ポリマーを長期間保存できるようにしましょう カタツムリで保存する 有機ポリマーはでは保存できませんが代わりに に持たせることで腐敗時間を延ばすことができます (以下カタツムリ)をしてインベントリ内有機ポリマーを入れておくだけで腐敗までの時間が大幅に延長されます また、カタツムリはの代わりになるペーストと有機ポリマーを精製することができ、クラフトの材料に使うことができます は1分、有機ポリマーは45分ほどで精製されるのでこまめにチェックし、回収しておきましょう 回収したらすぐに加工するか クラフトに使用しておくと無駄にならず効率よく確保、製作の素材に利用できます 通常のポリマーに加工できるようにを前もって収納ボックスに大量にストックしておきましょう. 木炭 焚き火やかがり火で 木材を原料に燃やすと、生成します。 、、など一部の生物からから採取可能。 有機ポリマーの使い道 「ポリマー」の代用素材に使える 有機ポリマーは、金属の道具や設備作成に必要な「ポリマー」の代用素材として使える。