おばみつ 小説。 片羽の蝶 ネタバレ・感想・あらすじ!おばみつ(伊黒・甘露寺)の内容【鬼滅の刃 小説 2巻】

💓 伊黒はその日以来、必死に簪で座敷牢の壁を削り、命からがら屋敷を抜け出しました。 そしてその理由も明らかに・・・! 寡黙な義勇に対して愛情を持ったいじりが笑える内容なので、本編で悲しみを感じながらもこんな一面や心理描写があったのね〜とニヤけてしまいます。

☺ この中から、私が気になったモノだけピックアップしています。

19

🤝 三代目の店主である79歳の勘一をはじめ、大家族の堀田家が営んでいます。 そして、 炭治郎の手に手を置き、炭治郎に語り掛けます・・・。 まとめ的なもの もしも、カナヲとおばみつが亡くなるような事があれば、私のお気に入りの恋愛事情は全滅です。

20

♨ その時伊黒は、甘露寺のあまりの可愛さに、度肝を抜かれたそうです。 鏑丸も伊黒の意外性に驚いてしまったのでしょうか。 狛恋 これは「はくこゆ」でいいのでしょうか? 猗窩座の人間時代の名前「狛治」と、恋雪ちゃんの組み合わせです。

🤑 その理由が明らかになったのは、 188話のことです。 無惨を倒し、喜びの声がこだまする中、瀕死の甘露寺を伊黒が抱きとめます。 なるほど、こうやってみんなはまってくんだな。

✌ 汚れている自分は、甘露寺にふさわしくない。

13

☏ おばみつファンの間でずっと議論されてきたのが、「 伊黒が甘露寺を好きなのは明白だけど、甘露寺は伊黒のことをどう思っているの?」ということでした。