ヒープソート c 言語。 C言語でのヒープソートの実装は大きく分けて2種類あるようなのですが、...

🙏 まず、46を2分木の根とみたてshiftdown操作を行なう。 いま、配列の大きさがNであるとします。 こういう二分木ですね。

🙄 この時、一番下の"2"を一番上に持っていきます。

11

😉 大抵、「メモリがこのくらい欲しい」と言われたら今管理している中からそれっぽい空きを捜してそこを渡してあげるような作りになっています。

☣ ,h 1 の順にとりあげ、その頂点を下位の部分木の根(h 1 )とみたてヒープを構成していく。

1

😝 親の値の 2 倍に1 を足すと右下の子になります。 大きい方から小さい方(右から左へ)に向かって比較していき、ソート済みのデータ列のどこに挿入できるかを見ていく。

☢ さっそくプログラムを示しましょう。 Rubyのプログラムから高速なスタック領域を使うことができないのです。 (配列のa[1]と末尾要素a[n]とを交換する)• 気になる方は、下側から手を付けるパターンを確認したあとに、同様の処理を上からやってみてください。

14

🤞 半順序木では、単に、親の値は子の値より小さいというだけで、子同志の値の大きさは問題にしません。 次に連結リストを 2 つに分けます。 これは、言葉で説明するよりも図を見た方がわかりやすいので、さっそく図へ移りましょう。

3

🔥 では、最大ヒープへの並べ替え方を解説していきます。 21が見つかる。 では、下側かつ子を持つ親から順番に、以下の処理を行います。

3